2002年6月24日月曜日

歌劇「ローエングリン」全曲 ショルティ指揮/ウィーン・フィル

2002年6月17日(月) ボックス届く、封を切る

HMVに注文したショルティのワーグナーコレクションが届いたことは音楽雑記帳に書いた。

届いた日は、あまりの量の多さに改めて呆然。解説もついているが輸入版なんで英語も満足に読めない私には暗号でしかない。Palmの辞書片手に読み始めるが、字が小さく眼が痛い・・・今日は、封をあけておしまい!寝る!

2002年6月18日(火) 第一幕前奏曲を聴く

せっかく初モノを聴くのだから、聴いている過程をそのままトレースしてみることにした。つまりは、体験したことを脚色せずに、読み手のことも考えずそのまま書く。

ワーグナーコレクション、まずは「ローエングリン」から聴くことにした。どうして「ローエングリン」か? 吹奏楽をやっていたものにとってワーグナーというのは、序曲だとか前奏曲だけは馴染みが深い。タンホイザーやらマイスタージンガー序曲を演奏された方も多いのではないだろうか。ローエングリンは第一幕や第三幕への前奏曲が有名である。特に第一幕前奏曲はゆったりした曲調と美しさは印象的だ。かの有名な結婚行進曲も入っている。

そんなわけで、「ローエングリン」からはじめることに決心したわけである。しかし学のない私、「ローエングリン」て何よ? というので、手っ取り早くGoogle検索。以下のサイトで情報を得る。

http://www02.so-net.ne.jp/~ars/lohengrin.html
ローエングリンよもやま話
後者のサイトの説明はわかりやすい。「独逸版 鶴の恩返し」てのが笑える。ローエングリンが白鳥にひかれて登場するってのも素敵だ。聖杯王てのも良くわからないが魅力的!

登場人物の名前もイケてる。主人公のエルザに、白鳥になっちまったエルザの弟ゴットフリート、敵対するテルラムント伯爵にその魔法使いである妻(なんじゃそりゃ=奥様は魔女かよ)オルトルート、舞台はアントワープ、なんて素敵なひびきなの。

名前を聞いているだけで、一気に中世の騎士の世界(あるいは銀河英雄伝説の世界)へひとっとび。で、前奏曲だけ聴いて今日は寝る!

2002年6月19日(水) 第一幕をとりあえず聴く

それにしても前奏曲の美しさといったらどうだろう。耽美的というにはコトバが足りない。ショルティ/ウィーンフィルのクリアにして精密な音作りは、ものすごいテンションをもったまま始まる。
そしていよいよ、第一幕ははじまった。

第一幕は、エルザが無実の罪を着せられてから、ローエングリンが現れてテルラムント公爵と戦い勝つまで。それにしても強引なストーリーだ。しかし音楽はすごい、ぞくぞくするような快感が立ち上る。

「こ・これがワーグナーなのか」

と思わず唸ってしまう。映像はなくとも引き込まれる思い。

しかし、せりふを読んでいないから何が何だか未だわからない、どの声がどの役なのかさえまだ掴んでいない。こんなことでワーグナーを聴いていると言えるのか?

やっぱり解説本は必要だなと思って今日は暮れる。

2002年6月20日(木) 改めてこの演奏について

歌詞が分からないどころか、誰が歌っているのかさえ知らずに聴いていた(ヒドイ聴き方!)。改めてライナーを参照してみると、










プラシド・ドミンゴ(ローエングリン)
ジェシー・ノーマン(エルザ)
エヴァ・ランドヴァー(オルトルート)
ジークムント・ニムスゲルン(テルラムント)
ハンス・ゾーティン(国王ハインリッヒ)
ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(軍令使)
サー・ゲオルグ・ショルティ指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ウィーン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ヴァルター・ハーゲン・グロール)
1985年11&12月、1986年6月

この陣容が凄いのかどうかは、オペラ無知の私にはわからない。でも土民児いやドミンゴが白鳥の騎士ですかア! ディースカウも歌っているのね、ジェシー・ノーマンも名前だけは知っているわ。
それに今日まで、オケはシカゴ響だと思っていたのに、ウィーン・フィルなんぢゃない!(前の間違いは直した)

「おおシカゴはさすがに精緻で精密な音を聴かせるな、それに甘さも繊細さもあるな」なんて思っていたのに、ウィーンだったのね・・・・どうせそんなものよ。

ということで、オケと配役がわかって満足、今日はここまで。

2002年6月21日(金) そして第一幕を聴き終える

さて、対訳(英語だけどね)を読みながら第一幕をやっと聴き終えた。

第一幕を聴いてみての印象というと、すっかりワーグナー節に嵌ってしまったというのが正直な感想だ。前奏曲も良いが、ローエングリンが白鳥に乗って現れるところの曲の美しさといったらどうだろう、目くるめく思いがする。そして、その後のエルザとの誓い、畳み込むような決闘前の熱唱、ローエングリンの勝利の唄など聴き所が多い。

「ローエングリン」をワーグナーの代表作として挙げる人は少ないと思う。でも入門用にはとっつきやすい曲である、と何かで読んだ。ローエングリンの第一幕だけ聞いて「ワーグナーの音楽は・・・」などと早計なことは、さすがにオッチョコチョイの私でも書けない。

でも、何故ワーグナーがこれほどまでに偏愛されているのかが、少しだけ分かったような気がする。オーケストラと合唱が、グチャングチャンに入り混じってソプラノが駆け上ってゆくような音響を聴いていると、脳天が麻痺してしまう。マーラーのイイところが延々と続くような(たとえば復活のラストのような)快感だ。

さて、細かいことは気にせずに第二幕に突入することとしよう。聴かねばならないCDはまだ20枚もあるのだ。

2002年6月22日(土) ワーグナーの歌劇についてちょっと調べる

考えてみたら、「ローエングリン」というのはワーグナーの歌劇の中でどういう位置付けなんだろう、とサイトで調べてみた。

すると、"ワーグナーは、「ローニングリン」を書き終えた段階で「私はもうオペラ(歌劇)は書かない」と言った"という記述を見つけた。どういうことなんだ?? と思っていたら、ローエングリン以降の作品は楽劇というとあるではないか。(飯守先生インタヴュー~ワーグナーと『指環』を語る(新交響楽団HP)

うーん、よく分からないが、そうだったのか(^^) 無知とは恐ろしいものだ・・・。

で、ワーグナーの作品を年代順に調べてみると、以下のようになることも知った。

歌劇「さまよえるオランダ人」全3幕 1841~42年
歌劇「タンホイザー」全3幕 1843~45年
歌劇「ローエングリン」全3幕 1846~48年
楽劇「トリスタンとイゾルデ」全3幕 1857~59年
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」全3幕 1862~67年
楽劇「ラインの黄金」全1幕 1853~54年
楽劇「ワルキューレ」全3幕 1854~56年
楽劇「ジークフリート」全3幕 1856~71年
楽劇「神々の黄昏」序幕と全3幕 1869~74年
舞台神聖祝典劇「パルジファル」全3幕 1877~82年

��以上ワーグナーの作品紹介(ワーグナーの歌劇な部屋)を参照した。
ここまでたどり着いてなお"で、「指輪」は入ってないの?"などと大ボケをかましているのであるが、無知とは恐ろしいものだ・・・。

そして第二幕を聴く

さて、その第二幕は、戦いに敗れたオルトルートとテルラムントが、ローエングリンとエルザの結婚式の前に彼女をそそのかす場面だ。つまり、「素性を明かさないなんてとんでもない、決闘に勝ったのも魔法を使ったからだ」とエルザに告げ彼女を惑わすのだ。

まあ、言っていることも分からなくもない。せめて名前だけでも知りたいと思うのは人情というものだ。しかし、決して親切心でエルザに告げているんでないから、やっぱり悪いやつらだよな、性根が腐っている! オルトルートは魔法使いであり、かつ異教徒という設定らしい、こういう感覚はキリスト教に親しんでいないと分からないよな。

次第に膨らむエルザの疑惑とローエングリンの悲嘆は聴いていて胸が痛くなるほどだ。このシーンは人間的な葛藤と欲望、詮疑などがドロドロと渦巻き大きな聴き所になっていると思う。

そういう中にあって、第4場の音楽の美しさは圧倒的だ。エルザが行列をひきいて寺院に詣でようとする場面だが、木管で導かれる動機を聴くだに思考が停止し感涙してしまうほどの美しさだ。このよく知られているフレーズが、こういう場面で登場しているものとは、想像だにしなかった。

劇としてもこの第二幕の後半は大きな山場であると思う。

2002年6月23日(日) 第三幕を聴き終える・・・

第三幕の前奏曲は余りにも有名だ。金管群が咆哮し爆発するような音楽は吹奏楽向きの曲かなと思うが、この前奏曲に導かれる形で、かの「結婚行進曲」が現れてくるとは、これまた知らなかった。何たる劇的な音楽に仕上がっていることだろう。そして、あれほど通俗名曲として陳腐化しているフレーズが、かくも優しく、そして哀しく美しいとは!

ストーリーを知った今となっては、後の破局が見えているだけに、この結婚行進曲の美しさは逆に痛ましい。もはや第三幕は涙なくしては聴けない音楽=劇に仕上がっている。すっかり感情移入してしまっている自分に気付かされる。

エルザの嘆願と、ローエングリンの嘆きと告白、そして突如として現れた白鳥とエルザの驚愕の叫びの劇的なこと!

Die Frauen
Der Schwan ! Weh,er naht ! ( The Swan! Woe, it approaches ! )
Alle Manner
Er naht, der Schwan !
(The swan appears round the foremost bend in the river.)
Elsa
Entsetzlich ! Ha,der Schwan ! (O horro! Ah,the swan !)

ここに至って、私は、ワーグナーの音楽と劇の不可分なる世界を垣間見た思いがした。なぜなら、歌詞を追っていたその目の前に、まさに白き白鳥の姿が確かに見えたのだ。
ローエングリンを聴き終えて

日記風の体裁を取りながらローエングリンを聴き終えたが、上演時間3時間にわたる歌劇である。しかし、それでも聴き取れない所は二度、三度と聴きながら約1週間かけた。

ワーグナーは数夜に渡って上演されることもあるので、こういう聴き方も良いかなと思ったが、何か見えざる力でぐいぐいとひき込まれるような思いであった。ワーグナーの歌劇は麻薬のようなところがあるみたいだ。

ショルティ/ウィーンのこの演奏も、クリアで非常に良いパフォーマンスであると思う。初めて聴いた印象では、悲劇のエルザ(ジェシー・ノーマン)よりも魔女のオルトルート(エヴァ・ランドヴァー)の方が印象深いのは、映像を見ていないせいだろうか。

いずれにしても、初めて聴くワーグナーではあったが、長さゆえに敬遠しているのはもったいないと思わせるに充分であった。さて、次は何を聴くべきやら・・・

2002年6月19日水曜日

ワーグナーボックスセット届く

��MVのサイトを見ていたら、ショルティ/シカゴ響のワーグナーコレクションが激安で発売されている情報を見つけた。これがなんとCD21枚組で16,990円、一枚当たりに直すと809円(消費税別)、激安も極まれりという感じだ。内容は「指環」以外の6作品、つまり「さまよえるオランダ人」「タンホイザー」「ローエングリン」「トリスタンとイゾルデ」「ニュルンベルクのマイスタージンガー」「パルシファル」全曲という膨大なる量。昨日そのボックスセットが郵送されてきたが、その大きさに圧倒されてしまった(^^;;
��右:写真もHMVのサイトのものを借用)

私は歌劇は(も?)全く持って不案内、素人状態である。まあ、ちまちまとワーグナー作品のダイジェストを買ってジャンクCDと化してしまうよりは、安さで一気に買ってしまう方が良いかなとも思い入手してみた。しばらくは楽しめるかなあ、と思うのであった、もっとも聴けばだけどね。

さてさて、私は今年中にワグネリアンになることができるでしょうか・・・・? どなたか買われて挑戦してみてはいかが>て、人ごとにするなよ

それにしても、いきなり宅急便でHMVからあんな大きな包みが家に届いたんで、「いったい何を買ったの?」と追求されちゃいました。「ワーグナーだよ」と答えたら「ぜんぶ?ぜんぶ わーぐなーなの??」と更に聞かれたのでした、誰だってそう思うよな。


2002年6月17日月曜日

高木綾子のインタビュー記事

��6日の北海道新聞の「21世紀 人」で、フルーティストの高木綾子が登場していた。高木綾子といえば、J・クラシック界(レコード会社の付けた名前だろうが)を代表するプレーヤーで、テレビCFやたけしの誰でもピカソなどにも出演しているため、クラシックに馴染みのない人でも、顔くらい見たことがあるかもしれない。

彼女の吹く笛は、独特の芯があってゾクリとする魅力があるのだが、そんな彼女が今考えていることは、「いろいろな楽器の音色を、フルートだけで表現できるようになりたい」ということだというから、少し驚いた。「曲を演奏していて、フルート以外の楽器が欲しいと、切実に思う」「フルートだけで、いろいろな楽器の音色を吹き分けるような技法があるのではないかと考えている」と続けている。

以前に、フルートオケの音色についての限界について書いた。フルート単体の音というものも、力強さや邪悪さなどの点で聴き劣りがすると思うことも確かにある。逆にそこが魅力ともなっていると思うのだが「フルートの音色をクラリネットとかオーボエの音色に自由に変化させて吹いてみたい」と彼女は考えているのだ。フルーティストは自らの音楽を追及しながら、楽器を選びそして改良を重ねてきている。

その試みがどういう結果として結実するのかは分からない。しかし、興味深いテーマを目指して新たな可能性を探っていることには着目しておきたい。そんなことを考えながら、彼女のCDでも久しぶりに聴いてみるのも悪くはない。


2002年6月3日月曜日

第14回 日本フルートフェスティバル in 札幌

日時:2002年6月2日(日) 14時~  場所:札幌市民会館

ヴェルディ:歌劇「椿姫」第一幕前奏曲br> G.ビゼー:組曲「美しきパースの娘」(指揮=阿部博光)
ライヒャ:シンフォニコ ニ長調より アレグロ(指揮=永野秀行、中学生アンサンブル)
---*---*---*---*---
タファネル:ミニヨンの主題によるグランドファンタジー
J.S.バッハ:無伴奏パルティータ
カミュ:シャンソンとバディネリ
サラサーテ:カルメンファンタジー
ゲーリー・ショッカー:イン・メモリアム
サン=サーンス:アレグロモルト

フルート:加藤元章 ピアノ:石橋尚子

休憩
J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調(指揮=佐々木信浩)
トップラー:ハンガリー田園幻想曲(フルート=加藤元章)
ヴィラ.ロボス:ブラジル風バッハ
ビゼー:「アルルの女」よりメヌエット(フルート=加藤元章)

指揮:佐々木信浩  フルートオーケストラ:札幌フルート協会ほか

-------------------------------------------------

早いもので今年で14回目を迎えるらしい。昨年は高木綾子さんを、今年は加藤元章さんをゲストとして招いてのフェスティバルである。年々フルートオーケストラのアンサンブルのレベルも上がっているように思える。

フルートという同属楽器だけで構成されているため、とかく音色の変化に乏しかったり、低音が不足気味のになる。そのため、今ひとつ楽しめないという方もいるのだが(かくいうわたしも昔はそうだった)、今年の演奏は良かったのではないかと思う。

古田戸フルートのコントラバスフルート(チェロの音域)4本に、日本で1台しかないというダブルコントラバスフルート(コントラバスの音域、製作者の古田戸さん自らが演奏に参加)を加えた音色は、独特の重心を得て聴いていて気持ちが良かった。また、数えたわけではないがアルトフルートの層も厚くなったように思える。中低音が優しくしっかり支えることで、本来のフルート音域の高音部分が映えて聴こえたように思う。ヴェルディやビゼーで聴かせてくれた第一列目のフルートの響きは、軽やかできらびやかで、本当に美しいものであった。

ただ、フルートオケの音というのは、低音を増強してはいても頼りなげである。和音の美しさと透明感が魅力ともいえるのだが、キレや強さもどうしても欲しくなる。それをどう表現するかが、フルートオケの限界と、これからの課題かもしれないなどと思うのであった。

なお今回のフルートオケ用の曲は、全て佐々木信浩先生が編曲しているもの。佐々木先生は元札響のフルーティストであり指揮者であったため編曲のツボを心得ている。日本にあまたフルートオケはあるものの、佐々木先生の編曲モノを演奏できる幸運に恵まれているのは札幌だけだろう。

中学生のアンサンブルもここ数年来の企画である。中学生の場合、吹奏楽(ブラバン)でフルートに触るのがほとんどだと思うのに、あれだけの演奏をできるとは驚きである。若いため上達も早いのだろうが、それにしてもと思う。

何と言っても圧巻は加藤元章さんのソロ演奏。脳天を吹っ飛ばされてしまった。これはページを改め書いておきたい。


2002年6月2日日曜日

第14回 日本フルートフェスティバルin札幌での加藤元章の演奏

日時:2002年6月2日 14:00~
場所:札幌市民会館
フルート:加藤元章
ピアノ:石橋尚子

タファネル:ミニヨンの主題によるグランドファンタジー
J.S.バッハ:無伴奏パルティータ
カミュ:シャンソンとバディネリ
サラサーテ:カルメンファンタジー
ゲーリー・ショッカー*1):インメモリアム In memoriam*2)
サン=サーンス:アレグロモルト

札幌でのフルートフェスティバルにゲストとして加藤元章さんが呼ばれた。生加藤さんを見るのも聴くのも始めてである。加藤さんが日本屈指のテクニシャンであることは聞き及んでいた。また、彼の精力的な録音活動も知ってはいた。それでも、今日の演奏には、脳天を吹き飛ばされてしまった、凄いの一言に尽きる。

彼の吹く楽器はプラチナ製である。プラチナというのは金よりも高く重い楽器であるのだが、そこから鳴らされる音の柔らかさ、力強さ、そして豊穣さときたら何と例えたらよいのだろう。芯はしっかりしているのだが、独特の懐の深さを感じるのだ。

音楽は加藤さんらしく技巧を要求するタファネルのファンタジーから始まった。音楽の自在さ、音色の変化の幅の広さ、そして信じられないような響きの低音から、これまた超人的な高音部分でのすばやいパッセージなど、何もかもがすごい。魅了されてしまうというのは、こういうことだろう。わたしはしばらく空いた口がふさがらなかった。

技巧だけでバリバリ押しまくっていたわけではない。2曲目のバッハ無伴奏が始まったとき、わたしはバッハが教会音楽のために作曲していたという事実を、今更ながらに思い知らされた。彼の音楽の彼方から教会の大伽藍と壮大なるパイプオルガンの響きが聴こえるように感じてしまった、実はこれにもかなり、びっくりしたのだが。

比較的静かな曲であるカミュやゲーリー・ショッカー(Gary Schocker)などにおいても、充分に聴く者の深くに染み込んでゆくような演奏であった。

そうは言ってもだ、サラサーテのカルメンファンタジーなどを聴いてしまうと、なんだか細かいところはどうでもいいやてな気になってしまう。とにかく凄い(今日はこればっか)。いやはやフルートというのを、こんなにもいともたやすく自在に扱えるものなんだろうか。めまぐるしい音の変化とダイナミックさ、スピード感、そして音曲げの技巧などを駆使して作り上げる音楽の素晴らしさ、もはやソロリサイタルと変わるところがない、ブラボーの一言だ。

彼の演奏からは偏執的で貪欲、旺盛な探求心と持ち前の明るさと楽天性、そして強靭な意志による弛まぬ努力というものを感じた、何かエネルギーを発散させているかのような印象であった。従って、後にフルートオケと2曲ほどアルルの女とハンガリー田園幻想曲を演奏したのだが、もうおなかがいっぱいという感じで、もはや受け付ける事ができなかった>ヤワなヤツ
  1. ゲーリー・ショッカー(Gary Schocker)
    アメリカのフルート奏者、作曲家、ピアノ奏者。ジュリアード音楽院で、J.ベーカーに師事。作曲と演奏の両面で、精力的な活動を続けている。
  2. イン・メモリアム(In memoriam)
    標題は「…を記念して」「…を悼んで」の意味。1993年出版。